硬貨

失敗しない資産運用をするために相談しよう

目的別の運用プラン

マンション

10年後や20年後を視野に入れて資産を増やしたい場合には、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのが効果的です。有料のサービスを提供しているファイナンシャルプランナーは、中立的な立場でアドバイスをしてくれるので、最適な資産運用のプランが見つかるでしょう。まず最初に老後資金や教育資金のように目的を明確にしたり、運用期間と目標金額を決めるのが、効率的に資産運用を行うコツです。そしてリスクの許容度に合わせて最適なポートフォリオを提案してもらうのが、ストレスを感じずにマイペースで運用するための基本です。インデックスファンドをメインにした運用プランであれば、分散投資も気軽に行えるので、短時間の相談で的確なアドバイスが受けられるでしょう。30歳前後の人の場合には、定年退職までの時間的な余裕があるので、株式を中心に積極的に資産運用をするのが理想的です。株式の個別銘柄で運用したいときには、相談する時に投資対象を選ぶテクニックを伝授してもらうのが賢い方法です。チャートや様々な指標の活用法を教えてもらうと、銘柄選びと投資のタイミングも的確に判断できるようになるので、収益性も高まるでしょう。一方でシニア層が資産運用の相談をする場合には、リスクの小さなポートフォリオを提案してもらうことが重要です。保有資産の7割程度を債券に投資する一方で、余裕資金を活用して株式やリートに配分するのが、理想的な運用スタイルです。