マンション

失敗しない資産運用をするために相談しよう

利息はほとんど付きません

資産運用の相談相手として、ファイナンシャルプランナーがお勧めです。なぜならば、ファイナンシャルプランナーは顧客のライフプランを立てたうえで資産運用を考えてくれるからです。また、定期的なメンテナンスもしてくれます。

中立的な視点で見てもらう

握手

社会人になったらすぐ利用

資産運用について、定期的にプロに相談したほうがいいといわれていますが、できるだけ相談するなら早目に行いましょう。社会人になったらすぐに相談することで、今後結婚するまでの資産を運用する方法を学べます。資産運用は積極的に行うべきか否か、プロの視点で給料や年収を把握し、アドバイスをくれるからです。社会人になったばかりであれば無料の窓口でアドバイスを受け、実践することが運用に良い影響を与えるといいます。できたらファイナンシャルプランナーにライフプランを聞いてみたいと考える人は少なくありませんが、まず手堅く金融機関の担当者に聞いてみましょう。各金融機関では窓口を設け、将来の運用方法や給料の使い道に関して話を聞き、運用する方法をアドバイスしてくれます。資産運用は単純ではなく、それぞれのライフプランや好みに応じて運用したほうがいい金融商品は異なるからです。初めて運用するにあたり、投資信託や純金積み立てをしている人も多いですが、それらも相談してさらに分散を検討しましょう。資産運用は分散してリスク回避する事、将来必要と思えるお金を貯められるよう、お金に働いてもらう事です。また、中立的な立場で金融面に対するアドバイスをもらいたい場合、IFAの資格を所持している人のいる金融機関に相談しましょう。IFAはファイナンシャルプランナーの資格を持っていることや、証券会社で勤務している場合があります。事前い探して問い合わせ、相性がよさそうな人に相談をすることが、自分らしい資産運用に最適といえるでしょう。

目的に応じて選ぼう

リスクを抑えながら個人が資産運用するには、資産運用の目的に応じた金融機関に相談することが先決です。金融機関によって、得意とする資産運用の分野には違いがあるので、その違いを理解しながら相談してみましょう。

目的別の運用プラン

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのが、ニーズに合った資産運用の方法を見つける最善の方法です。インデックスファンドを組み合わせる方法もありますが、年齢やリスクの許容度に合わせて資産配分を決めるのがポイントです。